ウィークエンドトラベラー

宿泊しない日帰りバスツアーに参加するメリット

日帰りツアーは快適

移動がラクラク

バスツアーに用いられる大型バスの車内は広々としているため、長時間乗ることになってもストレスを感じません。乗り換えが必要ないということも魅力的です。 マイカーやレンタカーを利用して旅行する場合、駐車場探しに時間がかかったり、道に迷ったりすることもあるでしょう。しかしバスツアーならその心配はありません。プロのドライバーがしっかり目的地に送り届けてくれます。観光の後は疲れてしまうものですが、帰りもドライバーに運転してもらえるため、とても楽です。

トイレ付きのバスもある

日帰りバスツアーは1日の間に観光地を数カ所回ることが多いのですが、そうなると移動時間はどうしても長くなってしまいます。サービスエリアなどで休憩時間が設けられていることがほとんどですが、最近では車内にトイレが設置されているバスも増えてきました。走行中にトイレに行きたくなっても、トイレ付きのバスなら快適に過ごせるでしょう。

自由時間が設けられているので安心

出発時間から移動時間など、細かいスケジュールが決められている日帰りバスツアー。お土産を買ったり観光スポットを散策したりする時間がないのでは?と心配する人もいます。しかしほとんどのバスツアーにはしっかりと自由時間が設けられているので、各々自由に過ごすと良いでしょう。スケジュールに関する情報は参加申し込み時に確認しておくことが大切です。

集合時間はしっかり守ろう

参加者それぞれの楽しみ方があるバスツアーですが、集合時間は必ず守らなければいけません。自分以外の参加者と一緒に行動するため、一人でも遅れてしまうとその他大勢に迷惑をかけることになります。バスの出発時間が遅れるとその後のツアー内容が変更になる可能性もあるのです。マナーを守って楽しい日帰りツアーにしましょう。

服装や持ち物をチェック

動きやすい服装

季節や気候で服装は変わるものですが、バスツアーに参加するなら動きやすい服装を心がけると良いですよ。観光スポットを散策することも考慮すると、着替えを持参するのも悪くありません。羽織るものが1枚あると便利です。

歩きやすい靴

日帰り旅行は気軽に参加できるため、お洒落をしたいものですよね。普段履いている靴でも問題はないのですが、可能であればスニーカーなどの歩きやすい靴を履きましょう。ヒールのある靴だと疲れてしまうことがあります。

スマホの充電器

カメラや地図が内蔵されているスマホがあれば、写真を撮ったりお店を探したりすることができます。バッテリーがなくなってしまうことを避けるためにも、持ち運べる充電器を一緒に持っておくと困ることがありません。

常備薬

酔い止めや胃薬、頭痛薬などは持ち歩くようにすると良いでしょう。ツアーの途中で体調が崩れてしまうと、せっかくの観光が台無しになってしまいますよね。念には念を入れ、前日までに用意しておくことがおすすめです。

お金

意外と忘れがちなのがお金です。バスツアーの費用は事前に支払っておくものですが、当日にはお土産を購入したり、テーマパークなどの入園料が必要になったりすることもあるので、お金は忘れないようにしましょう。